スタッフブログ

新元号「令和」と不動産🏠

昨日、新元号「令和」が発表されました🌸
名前に込められた思いや考えなど堅苦しい話はさておき、

不動産に関わる部分のお話を🏡👨🏼‍🎓

実は不動産の登記には元号が使われており、売買時期・建築年月日など日付は全て元号になっています👨🏼‍🎓

そこでふと思ったのが、誰が令和1号の登記をするのか…ではなく、
お客様が、得!?する情報とご提案を👨🏼‍🎓

現在、住宅を新築していて引渡しが近い方、

早く完成してすぐにでも引っ越ししたいですよね?
GWまでに引っ越ししたいですよね?

わかります。お気持ちは凄くわかります。

でもちょっと待ってください。

今登記すれば新築後1ヶ月も経たずして型落ちの元号になってしまいますよ?

今なら「平成31年築」と登記ですが、すぐに「令和元年築」が最新になってしまいます💧💧💧
せっかくの新築が急に型落ちのようになってしまいもったいないです😥

ほんの1ヶ月我慢すれば最先端の元号の家にこれからずーっと住めるのです🏡

時間が許すのであれば、我慢できるのであれば是非とも新元号まで待ってみてはいかがでしょうか?
万一将来、家を売却するとなった場合でも「昭和築」より「平成築」、「平成築」より「令和築」の方が需要は高いと思います🏡

今しか選択できません。

今なら選択できます。

なが~~い目で見たときは検討の価値アリだと思いますよ😊

以上、新元号「令和」について不動産取引の観点から見てみました😊😊😊

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る